旅とベランダ

どこかに行きたいけどどこにも行きたくない、という矛盾した気持ちになることがある。

僕は最近、家が好きだ。できることならずっと家の中にいたい。ちょっと前まではそういうタイプではなかったんだけど、実家を出てから四年。とうとういまの部屋にも愛着が湧いてきたみたいで、最近はそう思うことが多い。
でも、漠然と遠くに行ってしまいたいと思う瞬間もなんだかんだである。知らない街や電車が好きだし、入ったことのないお店に入るのも結構好きだ。
だからいっそ「遠くに家があればいいのに」みたいな錯覚に陥ったりすることもある。不便で仕方がないはずなのに。なんかもう遠くに家があれば、全部解決するような気もしている。どこ基準で遠くなのかもよく分からないけど。

そういえば昨日くらいから実感してるのだけど、もうそこまで夏が来ている気がする。
焦る。なんだかもっと切ない気分とか淡い気持ちになったりしてから夏を迎えたいのに。日中暑いし。いきなりザァっと雨も降るし。これはもうほとんど夏と言ってもいい。
まだすこし夜が寒いのがせめてもの救いだけど、これがあとすこし経ったらそうじゃなくなってくるんだろうから、そしたら大変です。
夏。これは、本格的に夏。

ちなみに僕はランクヘッドの「月と手のひら」という曲の「四月とは言っても夜はまだ冷えるから 風邪ひかないように」の部分がすごく好きでそれで春を感じているのだけど、でももう夏のが近い季節になってきているのでそろそろ頭の中もリセットしないといけないのかもしれない。B’zやTUBEやサザンに。いや、あんまり自主的に聞いたことないけどね、夏に。
しかし、よく考えてみたら今日は5月1日。暦の上ではまだまだ春だしそう思うと半端な季節ではあるのかもしれない。
この時期ってみんなが忙しくしてるっていうのもあるけど、桜が咲いていた季節なんてとっくの昔のように感じる。しかも毎年。なんでだ。
勝手は分からないけれど多分、そういう風に出来ているんだと思う。

うちのベランダはある時、いきなり蛍光灯が落ちてきてカバーの中に溜め込まれていた赤サビのような粉が散りばめられてからというもの、一切機能していない。
一時期サボテンを育てていたこともあったけど、気付いたら無くなっていたのでもしかするとサボテンに足が生えてどこかへ歩いて行ってしまったのかもしれないし、ピーターラビットに盗まれてしまったのかもしれない。
究極の二択。しかし、絶対にどっちかだと思う。根拠はないけど今日はそう思う。
酔っ払いが持ってったとか、そういうんじゃないといい。なくなった結果は一緒だとしてもなんというか過程を大事にしていきたい。こればっかりは。物、なくなってるわけだし。

いまは日付が変わるちょっと前。眠いけど眠くない、みたいな気持ち。最近睡眠の軸がぶっ壊れているので早く寝たいけど、寝たくない。でも眠い、けど眠くない。みたいな感じ。
さっき、後輩の女の子から「そういえば今度結婚することになりました!嘘ですけど」っていうラインがきて複雑な気持ちでいっぱいです。僕は。

おやすみなさい。

カテゴリー: TEXT