夢見る街まで

日記を書き始めてから2週間が経った。

実は、この日記とは別に、完全に妄想の日記を書くのにハマっている。

具体的な例を挙げると、
「今の彼氏はタバコを許してくれるんだけど、自分がいま本当に好きな人はタバコが嫌いだから吸うのを止めたいんだけどつい夜中にコンビニに行くと店員の奥の棚の78番を頼んでしまう。」みたいな内容。

もう、全部嘘。どこのギャルのブログなんだか自分でもよくわからない。そもそも僕はタバコなんか全然吸わないのに。ただ、思ったよりも楽しいので、なんだかんだでこれが続いている。

今日、久しく連絡を取っていなかった友人から電話が掛かってきて恋愛相談めいたことを僕に話してくれたのだけど(相談というか、独白に近い感じだった)なんというか、同い年の男にも関わらずピュアを通り越して40代後半の人妻くらいの感覚の持ち主なので(電話越しに「僕はそばにいられればいいから」と言われた。)結局、形だけ相談に乗ったはいいものの聞くことしか出来ず「まあでも、頑張ってよ」なんて言ってお茶を濁してしまった。

ただ、人の話は上手いこと返そうなんて思わずじっと聞いてなさい、と昔に先輩から教えてもらったことがあるので、もしかしたらこれでよかったのかもしれない。どっちにしても、いい風になればいいなと思う。

とにかく僕は、彼のピュアさが羨ましかった。それに尽きる。世界はそんなにやましくないんだなあ、という気持ち。

なんだか腑に落ちないというか、胃がスッカスカな感じがしていて眠れそうにない。
よく考えたら今日は野菜しか食べていない。そのせいかもしれない。

花火の季節が近いですね。
おやすみなさい。

カテゴリー: TEXT