6/21発売作品「25時過ぎに君と見た海は」歌詞、公開。

昨日、6/21(水)発売
リコチェットマイガール 配信限定シングル
「25時過ぎに君と見た海は」

曲中の歌詞を全編、公開致しました。

なんだか妙に気になるような
期待してる僕はいつも通りです
それ以上 近づき過ぎるとさ
逆に遠いんだよ わかってよ

「あの人」なんて君を呼ぶと
誰だかわからなくなる
でも優しくて雑なとこなんかは
変わってないんだな よかったよ

週刊誌の中で笑う 君の未来はどうか
僕の想いと同じにならないでよ

夕方みたいに足りないんだ
さよならはまだ言わないでね
諦めるのは君の勝手なんだけど

味気ないキス 左目の下のほくろ
ようやくいま気付いたんだ
目を瞑ってたからだ

土曜日は君に会いたいとか
思わなくなったな なんてさ僕ら
本当をいつまでも言えないままで
続くのなら もういいよ

明け方みたいな本音ずっと
枕の向こうに隠れちゃって
言わないなら思ってないと思うじゃんか

さよなら24時の向こうへ
置いてきたものも全部拾って
僕は行くよ 誰かのせいに
したり しなかったりして

作詞 稲荷直史

—————————————————————–

リリース詳細、クレジット等はこちらから。

カテゴリー: NEWS