6/24

昨日は日記を書きながらいつのまにか寝てしまっていた。起きたら昼前で、冷房だけが唸っていた。ツアー先の福岡のホテルから着払いで送っていた宅急便は、時間指定していたにも関わらず受け取れなかった。

家に帰るにはなるべく荷物が少ない方がいいなあと思い、なんにも考えずに前日まで着ていた衣服や機材と合わせてサンダルとか普段使ってる洗顔とかも送ってしまったんだけど、完全に間違いだった。今更、後悔している。

鞄の中の荷物は背負ってると重いけど、手元にないと不便で仕方ないものばかりだった。失くしてみて、はじめて気付く。男って、いつもそう。やあねえ。

洗顔は近所の薬局で新しく泥のやつを買った。海泥。サッパリしていてよい。が、イーチダイコクハクタイム、イーチダイコクハクタイム。あの曲が耳から離れなくて困っている。こんなものは、ただの洗脳だ。

今日は夕方に、りりかさんの展示を見に原宿に行ってきた。きょうのねぐせ展。去年「東京/skirt!」のジャケ写撮影でご一緒させていただいたことがある縁。

なんだか不思議なオーラのある人でとてもよい人。弱った虫や鳥が、近寄っただけで元気になって羽ばたいていきそう。冗談だけど。微妙な和菓子とか買って行っても嫌な顔ひとつせず食べてくれそう。だし、心の中ではしっかり「なんであんなん買ってきたんだろうこの人」とか思ってくれそう。そんな人。

夜は、挫・人間のワンマンを見た。下川くんとはふたりでも友人を介してでもよく会うけど(最近、付き合ってるの?って聞かれる。付き合ってない。)ライブはそんなに見たことがなかったのでとても楽しみにしていた。見たら、半分くらい楽器なんか持っていなくて思わず笑ってしまったけど、楽器を持ったらめちゃくちゃにロックバンドだったのでギャップに感動したしすごく格好良かった。

対バンとかは全然記憶にないけど、たしか一回だけしたことがある。新宿JAMというライブハウスで、DATSと挫・人間とリコチェットマイガール、みたいな対バンだった気がする。確か、ぬらりひょんという活動休止してしまったバンドの自主企画だった。

ライブの後。でか美とふたりで回転寿司を食べながらライブの感想と一緒に「人のこと、ちゃんと好きになったりしたいよね」みたいな話をした。25歳ふたりが、渋谷で。切なかった。素直になりたい。僕らはただ、それだけなのに。それだけのはずなのに。

渋谷からは自転車で帰った。そして途中で寄った3駅隣のデニーズに、いまもいる。隣ではディッキ族みたいな女の子がひとりでネギトロ丼を食べている。店に入って来た時からずっとイヤホンをしていたのにネギトロ丼が来た瞬間イヤホンを外してご飯を食べ始めたので、たぶんいい人に違いないなと思った。

これは僕の単なる妄想だしただ隣り合っただけのこの人と関わることはおそらく一生無いけれど、人に勝手にいい人って思われてたら嫌だなといま、書いていてすこし思った。ごめんなさい。ディッキ族の人。シシャモのベースの人に、すこし似ている人。

たったいま、レコーディングエンジニアの横尾さんと電話。電話するためにお店の外に出たら、ボロ泣きしながら電話している女の人が。この人も僕とおんなじで、レコーディングの日程調整とかしてたらめちゃくちゃ面白いなと思ったんだけど、たぶん違うのだろう。泣いてるし。理由の無い涙ってあんまり無いし。でもなんだかわからないけど涙が出ることもあるし。

僕はふざけた形でばかり人と接してしまうけど、いま自分と関わってくれてる人のことも僕のバンドのことを好きでいてくれる人のこともとても好きだ。映画にするなら今がいいし化石になるなら何か成し得てからがいい。

新しい音源の話もっとしたいなあ

おやすみなさい

カテゴリー: TEXT