9月12日

話はしっかり、相手の目を見てちゃんと喋るほうがいい。

しかし、これはただの持論だし全くの偏見なのだけど、自分に自信がない人ほど居酒屋で声が大きいように思えるので僕はいつもボソボソと喋るようにしてるんだけど、そうすると店員さんに必ずと言っていいほど注文を聞き返される。どうしてだ?僕はいったい何を気にしているんだ?でもやっぱり人の気持ちを慮ってない人の喋り方は、なんというかトーンで分かるような気もする。

そういう邪推を今日は居酒屋で、ひとりで、たくさんした。
本当は後輩の女の人に「今日暇?面倒だから近所来てよ、飲もうよ」と誘われていたんだけど「他の男と同じように僕が釣られると思うな、貴様が来い」みたいなことを返したら返事がぱたりと来なくなったので、予定を悠長に終えてから、真夜中にひとりで居酒屋さんに行った。
夜中の2時にお好み焼きを食べた。悪いことしてる気分だった。
いや事実、悪いことだったかもしれない。凶悪だった。凶悪なほどに美味しかった。

あと、レコーディングが終わった。

カテゴリー: TEXT