10月15日

中途半端な雨の中を抜けて帰ってきた。

レインコート着て乗る自転車。泥除けなんてないのでズボンはもう泥だらけ。しかも、何回かでかい水溜りを大塚愛みたいに切り裂いてきたので、結構なレベルでビショビショ。
急いで風呂に入る。

僕は、気温差に弱いので冷え切った身体のままお風呂に入ると肌が赤くなったりかゆくなったりする。本当なら、すこし冷えが落ち着いてから入りたいんだけど、今入らなければいつ入るんだ?というくらいビショビショかつシワシワなので、さくっとシャワーを浴びて出る。気分は坂口憲二。success。

打ち合わせと作業と、という日だった。CDの発売前、いつも思うけど思ってた以上に慌ただしい。手伝ってくれる人達がいるのでなんとかしたい。上手に賢くおもしろく切り抜けたい。しかし僕ほどそうじゃないやつも珍しいんじゃないかというくらい不器用だ。そこそこ器用には見られるので、損しかない不器用。

明日もすこし早起き。最近、早起きに関していえばあんまり苦じゃない。それどころか、ここ何日か必ず7時半には目が覚める。健康的。このまま会社員にでもなってみようか。絶対向いてないけど。区役所で押す印鑑だって、上手に押せないのに。

この先、どこかで歌うであろう新曲を作っていてふと思った。僕は、未だに心のどこかで何かしらのライダーが、何かのライダーが助けてくれるのを待っている。みっともない形で動き回りながらバンドを何年もやっていて、ここまでくると、未来は自分で切り拓かないときっと全然意味がないんだけど、それでも、何かのライダーが現れるのをずっと待っているような気がする。自分は。

何かのライダー、2年前くらいに一回紛失したみたいな気持ちになっているけど、そんなことはないのかもしれない。実際。

作り出さなきゃ出会えないんだ、ということを最近つよく思う。何にしたってそう。

カテゴリー: TEXT