10月23日

突然の連絡は、ほんとうに突然くるんだなと思った。
出会いも突然だが、別れも突然に訪れる。

そのうち会えると思ってた人に二度と会えないなんてこと、全然ある。いざそうなってしまうと、悲しいのか嬉しいのかそれすらも判断が付かないような気持ちになるから、苦しい。人間は、気持ちに判断が付かない時が一番苦しいし、さみしい気持ちになるような気がする。一度白黒ついてしまえば、あとはどうにだってなるし、どうなったって構わないと思うことだって出来るのに。

今日は朝からえらく長いこと電車に乗っていたような気がする。電車に長い時間乗っていると、近くにいる人の顔、服装、匂い、会話なんかがどんどんインプットされていって、自分もその電車の一部に、席の一部にされてしまうような気がしてくる。肉体も精神も車体に飲み込まれて、おんなじように等速直線運動してるだけの物体に成り下がっていくような。うそ、それは言い過ぎかも。

東海道線に乗ってる間ずっと隣に座っていた金髪のお姉さんのこと、あんまりにもずっと近くにいるもんだから最後の方すこし好きになりかけてしまったが、中に着ているパーカーをよく見たら「My Hair is Bad」と書いてあったので、そんな気持ちはすぐさま吹き飛んだ。好きにならなくてよかった。

好きがどうとかっていうこと自体はなんだかよくわからないけど、好きにならなくてよかったということはたまにあったりするから、とてもよくわかる。好きにならなくてよかった。

夜は都内に帰って来て、歯医者に行った。
人生で4回目の歯医者。しっかり綺麗にしてもらった。嬉しい。

台風、どこ行っちまったんだ。

カテゴリー: TEXT