11月14日

自主レーベルの人なので、バンドのことは数人のスタッフと手分けしてやっているのだけど、今日は絶賛そういう日で、業者さんとひたすらやり取りを繰り返す一日だった。
お世話になっております。稲荷です。大変申し訳御座いません。引き続き何卒宜しくお願い致します。
得意な訳ではないが、バンドマンだからといって逃れられることではないし、実は裏方仕事の方が性に合っているんじゃないかと思う時もあるくらいなので比較的楽しんでやってはいる。
ただ、裏方仕事が出来るからといって良い曲が書けるわけではないし楽器が上手くなるわけでもないので、それとこれとは全く別なのだ。切り離して考え無いといけない。
それがあるからこれもまあいいというのは、大体おごりや勘違いだと思っている。たくさん勘違いをしてきた僕が言うのだ。説得力は。無くは無い。決してあるわけでは、無い。

夜、梶原以外という心に寂しさを宿すフェアリー(下川リヲとぱいぱいでか美と僕)の3人でご飯を食べた。
楽しかったので特に書くことがない。こういう時、大体僕は口角上がりっぱなしになるのですこし恥ずかしい。ばれてないといい。
3人ともツアーやリリースがひと段落したところだったのでそういう話や、そうでない話をたくさんした。リョウの「もょもと」は名盤だし、でか美の「STAY GOLD」は使える。
帰りの電車はでか美と一緒だったんだけど、降り際に華麗なウィンクをしてきたのが最高だった。僕は電車の中で「ふはは」と笑った。

久しぶりにツイッターのタイムラインを覗いたら初デートの行き先がどうこう、ということを言ってる人がいたので「吉野家でも楽しませる自信あるなあ」と思ったり「吉野家でも一緒に楽しくご飯食べてくれるような人じゃないと僕がついていけないなあ」とか、余計なことを考えたりした。余計だった。そもそも、一人でも吉野家に行くことがあんまりない野で、本当に余計な事を考えた。

松屋派。

明日は昼間、珍しく予定が無い日なので自転車の空気を入れたりしたい。

カテゴリー: TEXT