12月9日

◆12月8日
親知らずを抜いた。これで2本目。残るは下の歯のみ。今日からしばらくはすべてを右に寄せさせていただき、ありとあらゆるものを噛みまくるつもり。

時間潰しに寄った本屋で、味噌汁の本を手に取って読んでいたら白菜と鶏モモ肉と油揚げが入った味噌汁のレシピが載っていて美味しそうだったので自炊を再開することにした。たぶん。

明け方、悲しい夢を長いこと見てしまい複雑な気持ちのまま目を覚ましたのだけど、起きてすぐ「アニマル浜口 ドッキリに激怒」という見出しのブログ記事が目に入ってしまったので、あっという間に元気になった。単純でよかった。

夜は友達と喫茶店に入ろうとしたらまったく店があいてなかったので飲み屋に入って焼き鳥を食べた。美味しい焼き鳥だった。

◆12月9日

朝、駅そばでミニかき揚げそばを食べる。このミニは、かき揚げの方のミニ。そばは普通サイズ。右側中心に噛む。客が僕と性別不明のおじいさん(たぶん、おじいさん)しかいなかったのだが、そば屋の店内BGMはジャズアレンジのクリスマスソングでキラキラと僕とおじいさんにスポットライトを浴びせ続けてくれた。食べ終わって店を出ると、快晴の空にはまだ月が薄く浮いていた。年末だなと思った。

気まぐれで始めた質問されまくりソーシャル(さらはは)を見ていたらあらゆる面白クエスチョンに混じって「どんな女の人が好きですか」という質問が3つ続けて送られてきていた。たまに考えてみるものの答えはいつのまにか消失するので、結局のところ特にないのだけど、強いて言うなら、換気扇は消さないでいてくれる人の方が好きだ。あと渡邉理佐。

今日は10時から21時までひとつのことをやり続けていたのだけど、切り替えが出来ないと人間は暗くなる一方だなと思った。どんな時でも例外なんかはそんなにないんだから、スイッチひとつで明るくなりたい。

カテゴリー: TEXT