12月11日

◆12月10日

自分の周りの友人たちは、頭のいい人が多いので妬けてしまうなと思った。まさか自分がこんなことを言うハメになると思っていなかったが、僕もちゃんと勉強してくればよかった。なんとなくやったら運動も勉強も出来てしまったので、結果躓くことなく(ほんとうは大きく躓いているのにそれに気付くことなく)ここまでやってきてしまったなと、ふとした瞬間に思うことがある。それから、誰にでもそれなりに合わせられる僕の長所は自分の中に強い何かが少ないという決定的短所でもあるんだろうなと考えたりもする。良く言えば長所だけど、高校時代に陸上部の輪にも軽音楽部の輪にも入ることなく学校行事の終わりはまっすぐ家に帰っていたことを思い出すと、ほんとうはもっと不器用で偏っている方がよかったのかもしれないなと思う。ただ、最近は嫌いな人は嫌いだなと思うし好きな人はすごく好きだなと思うので、いくらかマシかもしれない。

夜中に、気まぐれでインスタライブをした。遅くまで見てくれていた人たちがいて嬉しかった。いろんなこと、もっと話したりしたいなと思った。

◆12月11日

最近、空いた時間をだらだらと過ごしてしまうことが多いので流れを変えるために家系ラーメンを食べに行った。ちなみにこの家系ラーメンは、大好物を食べて気を引き締めようということではなく、自傷行為としての意味で食べた。体質的に太りやすいし、僕は肌がすごく弱いからそういうアブラはあんまりよくないんだけど。それでも食べて、傷付かないといけないと思って食べた。食べ終わってすぐ、顔の表面に特有の脂が浮いてきた感じがして嫌な気持ちになった。昔はすごく家系ラーメンも好きだったしよく食べていたのだけど、生活の中心は衣食住で、その全ては音楽に反映されるべくファッションであるということを考えるとなんとなく、僕はそうじゃなくてもいいなと思ってしまったので、それからはあんまり食べてない。別にそこまで気にしなくてもいいのかもしれないけど、気にしてしまったらもう引き返せないのだ。恋だって愛だって疑いだしたらキリがないのだ。それとおんなじ。

話が逸れたが、ラーメンを食べなくなった原因は単純に近所にあった大好きなおじいさんのいたラーメン屋さんが潰れてしまったことが要因のひとつかもしれないし、育ちが良いから野菜のスムージーとキッシュばかりを食べてしまうのでそれも要因のひとつかもしれない。

東京下町のどスラム出身の僕が何を言ってるんだという感じだが、とりあえず今日は家系ラーメンを食べた。美味しかったが、明日明後日は野菜や豆腐ばっかりで済ませたいなと思った。

カテゴリー: TEXT