12月25日

◆12月24日

変に早起きしてしまったので朝からうどんを茹でて食べた。よく考えたらクリスマスイヴだった。イルミネーションは見られなかったけどそれなりに一日過ごした。

早めの時間に、ペロペロしてやりたいわズ。のライブを観に行った。久しぶりに見たペロペロはムカイダーの目がギラギラしていてとても良かったしあららぎさんのギターが格好良かった。いつも見ていて思うけど、リードギターだけは一生弾けない気がする。あとは久々の人に会ったら素っ気なく挨拶されて嫌われてんのかなと思った。そんな風に思ったのも、クリスマスイヴだったからかもしれないと考えると妙にセンチな気持ちになれるが普通に面倒で嫌だなと思ってしまった。

鶏肉は食べたけどケーキは食べ損ねたので、明日こそ。

◆12月25日

今日はクリスマスなので家族と一緒にパーティして過ごしましたというのは全く持っての冗談で、友人と会ってお酒を飲んだ。が、こういう時期に会いたい人が友人以外にいないというのは単純に悲しい事だなと思ってしまったしそれを友人にも伝えたら「ぜんぶのツケが回ってきたねー」と笑ってくれたのでよかった。本当にその通りだなと思った。

昔から、なんとなく相手にとって都合よく接してしまったり優しいと思われるような行動を取ってしまったりするのだけど、そこに相手への気遣いや思いやりが無いことくらいは自分が一番分かっているのだ。出来るだけ人に優しくしたいんだけど、優しくしたいのは下心があるからでも自分のためでもなくて、そうしないと気が済まないというだけなのだ。何を考えてるのかよくわからないですねと言われることが多いが何にも考えていないし、それを言われる時って大体「あなたは私に興味があるんですか?」と詰問されているような気持ちになる。ちなみにこの質問の前置詞には、大抵「バンドやってる人は」というわけのわからないオマケがついていることが多い。関係ないだろといつも思う。

何にも考えてない自分は単純にその時間をなるべくボロを出さずに切り抜けたいだけなので、大抵のことは帰り道のファミチキのゴミと一緒に小さなビニール袋に入れて捨ててしまうのだけど、興味が無ければ飲みにも行かないし会いにも行かないということくらいはさすがに26年生きて来たら分かって来たが例外だってたくさんあるからよくわからないしそんなに思わせぶられて生きてるつもりも無い。思わせぶって生きていける自信もない。魅力がすごいのはいつだって他人とゲスの極み乙女。

関係ないけど、ファミチキに骨が無いのってなんでなの。

カテゴリー: TEXT