TEXTのてきすと 2

恐ろしいくらい降りましたね、雪。降ったんですよ。東京は。笑っちゃうくらい降った。

昨日は最寄り沿線が機能(冗談ではない)していなかったため、帰りは諦めて近場に住んでる地元の友人にご飯に付き合って貰った後、一時間弱歩いて帰りました。ひと気のない国道をBUMP OF CHICKENの「スノースマイル」を20点くらいの声真似で歌いながら歩いていたら、かえって楽しくなってしまって4回くらい自ら雪に突っ込んだりもした。冷たかった。雪が冷たいこと、完全に忘れてた。

そんなわけで「TEXTのてきすと」#2です。

※ネタバレ多数のため、まだ聴いてない!って人はAmazonの在庫をすべて買い占めてからお読みください。

M-2.エスケープ

リコチェットマイガール、この曲しか知らねえって人も多いんじゃないでしょうか。

最初に作ったのは2012年の春頃だったと思います。フレーズとメロディをスタジオに向かう電車の中で思いついたので、その場で鼻歌をiPhoneのボイスメモに録って、そこからスタジオで当時のメンバーと合わせながら作っていったのを覚えています。

今作に入ってるエスケープは新録の音源です。Youtubeに上がってるバージョン(Apple Musicにあるやつ)とは全く違うので、是非今作のバージョンを聴いてほしいし、聴き比べてほしいです。

新録バージョンのイントロ部分・間奏では、ギターがメインで鳴っています。旧バージョンではエレピのリフがメインだったんですけど、池ちゃん(池田晃一 / Gt)のギターテイクがすごく良く録れていたのと、エレピは小さくしても旧バージョンを知ってる人なら耳がエレピの音を探して聞こえてくるんじゃないだろうかという狙いもあって、あえてミックスの際にギターを前に、エレピを奥にしてもらいました。

これに関しては僕らのレコーディングを担当してくれたエンジニアの横尾さん(velvet room studio店長)がとても相談に乗ってくださって「どこまでの曲にしましょうね」と話し合った結果が今の形となりました。continueとの繋ぎの兼ね合いもあって勢いがあるほうがいいなと思っていたので、ラフミックスが上がってきた時には「完全にこれです!」と、横尾さんに電話してしまったのを覚えています。完全に、これです。

曲のアレンジ自体はそのままの方が違いが分かって良いかなと思ったので2サビ以降を除くと殆ど変えてないんですけど、フレーズ自体は全員まったく別のものを、しかも結構4人とも自由に弾いています。

というか、今回一度もスタジオで4人で音を合わせたりしてなかったんですよ。普通はレコーディング前ってスタジオで何度か合わせたりするんですけど。オンラインで音源だけをやり取りして、レコーディングもバラ録り(別々に録った音を重ねていくレコーディングのやり方)だったので、かなりサポートのみなさんには負担を掛けたなと個人的には反省もしてるんですけど、改めて聴くとやっぱりこのメンバーだから出来たんだよなと。技術的にも。メロ→テーマに戻る部分のコレさん(有島コレスケ / B)のラインとか、1サビ前のギターフレーズとか。お互い(僕含め)様子見つつだったとは思うんですがそれでも要所で個性を出してくれていて本当に有難いなと思いました。

あとは自作の弁当を現世に垂れ流す妖精でお馴染みの大内岳(The White Waltzs / Dr)とはいつもリズムについてケンカするんですけど、この曲に関しては別段こだわって叩いてくれていたので、なんにも言う事なかったですね。そりゃもう何年も叩いてくれてるしね、この曲。

アレンジを大幅に変えた部分はというと、いつもライブでやっていた繋ぎのようなものを2サビの後に入れ込んでみたり、Cメロのリズムを変えてみたりという感じ。これは旧バージョンを録った直後くらいから「こっちのがいいな」と自分の中で思っていたところだったので、形に出来てよかったです。

あとはコーラスでしょうか。旧バージョンには全く無かったんだけど今回は自分で当てたものを重ねてもらいました。それから、大サビ前のアコギのフリが個人的には一番の聴きどころかなと思います。かっこいいーと思いました。イントロはいないんだけど、Aメロひと回し終わった後からスッと入ってくるんですよね。アコギ。すごいぜ池ちゃん。

ちなみにギターソロは「絶対アンテナでやらないやつやって!」って言って弾いてもらいました。どうもありがとう。


 

歌詞についての話。

その昔「エンドロール」という曲がリコチェットマイガールにはありまして、

「騙し合い苦しみ限りあるこの生活を幸せという どうかしてる」といった歌詞だったんですけど、そこから派生した曲として当時書いたのを記憶しています。サビとかは結構そのまま歌ってるしね。

湿っぽい恋の話というよりは、生活や人の挙動に対してあらゆる矛盾や不信感を抱えている中でそれでも特定の誰かを想うことに憧れを持っていたんだけど、結局人がどうこう、人を想うことがどうこう言う前に、人の覚悟の前では怖気づいて目を伏せてしまう、自分の方がどうかしてたっていうような話でして、なんというか今思うとすごく暗いなと歌詞を読み返しても思うんですけど、確かに昔僕はそういうようなやつだったなと。いま、歌詞を読んでいたら思い出しました。

でも、それらを想った上で自覚出来た時こそが真のハッピーエンドだと僕は思っているので、多分当時もポジティブに書いたつもりだったと思うし今見返しても「前向きな曲に書けたな」とは思ってます。解釈し過ぎかな。

ちなみに作った当初、バンドでそれまで作っていた楽曲とは全然違う曲が出来てしまって「ああ、まあこういうのもあってもいいだろう」くらいに考えていたんですけど、まさかここまで(僕らの中では)聴いてもらえる曲になるとは思ってなかったし、僕はこの曲のせいもあってか湿っぽいやつとか後ろ髪引かれてるようなやつだとか、そういう風に思われがちなんですけど実際全然そんなことなくって、果物で言えばパパイヤかスターフルーツのような男ですので、イメージのギャップというかそういうもので一時期はすごく歌うのが嫌になった曲でもあります。(事実、2015年~2016年辺りはほとんどライブで歌ってない)

あとは、旧バージョンのMVがYoutubeには上がってるんですけど、僕らの中では初めてのMVがこの曲だったので、曲自体に自分たちを知ってもらうきっかけをたくさん作ってくれた想いとかそういうものもあるんですけど「DOKASTRよ」とかってすごくイジられたな…とか、映像自体が結構な紆余曲折あって急遽に撮った作品だったんですが、髪型も服装も本当に着の身着のまま言われるがまま、なすがままに撮影して頂いた記憶があるので「僕、上着のフード触りすぎでは?」とか「なんでこんなに襟足長いんだろう」とか、そういうので落ち込んだりとかも当時はしたので、懐かしいです。とても。

旧バージョンも、当時ギターを弾いてくれていた遼ちゃんという男が良いフレーズ弾いてくれていたので好きなんですけどね。あとは僕の声が枯れ過ぎ。

 

何はともあれ、このタイミングで録り直せてほんとうに良かった。

 

余談が多く挟まりましたが明日はトランスファーについて。

おやすみなさい

稲荷

カテゴリー: TEXT

TEXTのてきすと 1

こんばんは。稲荷です。

セルフライナーノーツ『TEXTのてきすと』ということで今日から1週間くらい、去年11月に出した3rd mini album「TEXT」の話をすこしずつ書いていこうと思います。始めはもっと早いタイミングで書こうと思ってたんだけど、レコ発とかが終わってその話も出来たらいいなとか思っていたら2か月も先延ばしになってしまいました。えーん。

しかし、細けぇことはいいんです。今更だっていいじゃないですか。あと自分の近況とかもちょこっと書いていきます。新しく作ってる曲の話とか、横に生えてた親知らずを抜いた話とか。

 


はじめに。

歌なんてものは基本的に聴いたらあとはその人自身、その人次第の自由自在で、作った人間が後からどうこう物申すというのは大いに野暮であるという事は大前提としまして、それでもあとから好き勝手言いまくる人間のどうのこうのを読んでもいい、べつに構わない、それでも俺は、お前のことが…という人向けにお送りしていきたいと思います。

あとがき、蛇足、粗大ゴミ、一族の宝。これを指す言葉はなにでも構いませんが、とにかく「音源は音源、あとがきはあとがき」として、好きに読んでくれたら僕は嬉しい。関係ない話とかもするので、どうか気を長くしてお付き合いください。

※ネタバレ多数のため、まだ聴いてない!って人はいい加減早く買って聴いてください。

M-1.continue

1曲ずつ書いていこうと思います。まずは、コンテニュー。

曲の主旨としてはcontinueという言葉通り「継続する」「続ける」って意味で、自分なりの意思表示というか、そういうつもりでこれを1曲目に持ってきました。そう何度もする話でもないんですけど、去年ちょうど「さいしょからはじめる」と「つづきからはじめる」を選ぶタイミングが自分の中であって、さあどっちにするかなと考えてみたんですけど、結果として僕は「つづきからはじめる」を選んでしまったのでそこに対してのけじめというか、本来ならそれを歌にする方が断然手っ取り早いんですけど、あえて形にしておくということを今回はしました。

内容としては、バンド初のリミックス音源ということで、過去の自分たちの楽曲をひたすら繋ぎ合わせた曲になっています。ライブでも冒頭のSEとして使ったりもしました。発端は、サポートドラマーの大内岳という自作のお弁当ばかりツイッターにアップする妖怪が「リミックスみたいなの入れたらいいんじゃない」という話をしてくれたのがきっかけです。彼、サポートなんですけどスタジオ入るとめちゃくちゃ僕に意見というか、文句をたくさん言ってくれるんですよね。普通、サポートの方ってなかなかそういうことを気を遣って言ってくれたりしないし、自分が他のバンドのサポートしていた時でもなかなか言ったりしづらいなと思ったりもしたんですけど。おそらく一番ケンカというか、口論してると思います。今までのどの正式メンバーよりも。だからこちらも気を遣わずに投げれるというか任せられるなと。有難いです、本当に。あと見るたびお弁当を作る技術と撮る技術が上がっていてちょっと腹立つ。

リミックス自体は当初予定に無かったんですけど「エスケープ」「トランスファー」と過去作の新録も入れるつもりで考えていた今作だったので、それに繋げる演出になればいいなと思って、作るに至りました。

そういうわけで、大昔に作った「トランスファー」というデモ盤から2ndミニの「ランドリー」まで。なんというか、今まで自分が行ってきた恥ずかしい所業すべてをまざまざと見せ付けられているかのようで、作業してる間は何度も心が折れそうになったりしました。死者が蘇る墓場とか想像してもらえれば分かりやすいかもしれません。安らかに眠ってくれと、あんなに願っていたはずなのに…。

continueで繋いでる曲の順番は、そのまま過去のCDの収録曲順になっています。全部で15曲。

トラック自体はiPadで「GarageBand」というアプリを使って編集したものを、そのままエンジニアさんに渡すといっためちゃくちゃシンプルな行程で完成しました。冒頭と最後に出てくるキーボード(パソコン)の音は自分でスタジオでマイクを立てて録音することも試してみたりしたんですけど、家でiPhoneを使って録音する方が自宅っぽさというか、響き的にもリアルな打鍵音が録れたような気がしたので、iPhoneに入ってるボイスメモで録った音をそのまま採用しました。テクニックもくそもないのですが強いて言えば、部屋のエアコンと換気扇を止めるのがコツです。あと、何人かにツッコまれたんですけど、僕、昔からタイピング早いんですよね…。10代の頃、何かの面接に行って検定みたいなのをやった時に出た結果が「ninjya」でした。どういうことだよ。

ちなみに、既存のCDで音源になっている曲の中でcontinueに収録しなかった曲も実は何曲かあります。気付いた人、いるんじゃないでしょうか。

理由は色々あるんですけど「新録したいな」と思った曲は選んで省きました。いつになるかわかりませんけど。続きから始め直したゲームなので、それも地道にやっていこうかなと。クリアしてない面だってまだあるし。選んだからには、全クリしないと終われないじゃないですか。

そういうつもりの「conitinue」でした。

明日は「エスケープ」について書いていきます。

 

雪、本当に降るんですかね。降ったらいいな。出掛けませんけど。
おやすみなさい

カテゴリー: TEXT

TEXTのてきすと

お久しぶりです。稲荷です。

遅くなりましたが1月10日のリコチェットマイガール ワンマンライブ「MOJIBAKE」ありがとうございました。
当初「MOJIBAKEる」っていうタイトルで考えてたんですけど、詳細が伝わっていくうちにいつの間にか「る」が消えていました。
誤字だと思われたのかな。いまとなってはどっちでもいいです。

サポートメンバー、スタッフ、シェルター・ロフト関係の皆様、そして来てくれた皆様のおかげであの日、どうにか形にすることが出来ました。
地下アイドルのようなツイート(ありがとうございまちた♡)と写真しかあげてませんでしたので、改めまして。どうもありがとうございました。

ワンマンが終わってからは、あらゆるものの片付けや精算、家の断捨離、あごの骨を削って親知らずを抜いたりしていました。
あとは昔すごく好きだった人に会って「うわ、やっぱり好きだな」と思ったりもした。それは、もうバレてもいいやと思ったので本人に伝えてみたりもしました。

親知らずは、抜いたらすごく顔が腫れた。
歯医者から「人前に出るタイミングは避けた方がいいです」と前々から言って頂いていたので覚悟はしていたが、それでも酷かった。痛いし。
腹いせに、あらゆる人にこぶとりじいさんの画像を送りつけたりして過ごしました。

断捨離の最中、荷物の中から町田市のごみ袋が出てきました。住んだことないよ、町田市。よく考えたら僕は、長野市のごみ袋も以前持っていたことがある。それは、ツアー先で何を思ったのかお土産として購入して(それも今となってはどうかと思うのだが)誰にもあげていなかったやつなんですけど。長野市のことはさておいて、今住んでる町の自治体はごみ袋の指定が無いので、使うことにしました。町田市のやつ。回収してくれるんだろうか。

で、タイトルについてなんですけど。

「TEXTのてきすと」ということで、今日からしばらくリコチェットマイガールの3rdミニアルバム「TEXT」のセルフライナーノーツ兼、それに付随する話なんかをゆっくりしていこうと思います。本当はワンマン終わってすぐのつもりだったんだけど気付いたら10日経ってた。時の進みは頭の中の数倍早い。

音楽以外で音楽を語ることなんて出来ないと思ってはいるんですけど、昨年11月に出した「TEXT」は日記をコンセプトにしたミニアルバムということだったので、文章から派生したものは文章で片付けるのがいいのではないかと思いまして、この「TEXTのてきすと」を持って、アルバムと日記どちらの「TEXT」も完結ということにしようと思っています。僕が好きに書くだけなので、別に解説でもなんでもないです。好きに書くので、好きに読んでください。

それから余談ですけど今日、TEXTの配信についての事務手続きを進めてもらいました。そのうち各所で聴けるようになると思うので、その際はまたアナウンスします。配信された際は是非LINEのプロフィールとかにも設定してほしいです。僕のはずっと、挫・人間の「ゲームボーイズメモリー」になってるけど。良い曲。

あと、3月11日に稲荷直史、2回目のひとりワンマンをすることが決まりました。詳細はまだ決まってませんけど。場所は新宿です。
ぜひいらしてください。では。

稲荷

カテゴリー: TEXT

1月8日

もしも自分のなにかが流出するとして、何なら笑えるかなとすこし考えてみたけど特にこれと言ったものは思いつかなかった。どえらい動画、まだ撮ったことがない。

夜は雨が降った。2018年1度目の雨。それから夜はたこ焼きを食べた。こっちは2018年、2度目。

落ち着いたらサムギョプサルを食べに行ったりケーキを食べに行ったりしたい。あんっまいやつ。

おやすみなさい

カテゴリー: TEXT

1月7日

歯ブラシを替えるタイミングがわからない。今のが気に入ってるから尚更。次、なに使うのがいいんだろう。

昨日、寝すぎたせいで朝とにかく顔がむくんでしまっていたので、酷いむくみの成人男性の例としてそのまま標本にしてほしかった。辛かった。

この時期になると成人式のエピソードでなにか面白いことはあったかなと毎年思い返すのだけど、当時は金髪にスーツにモッズコートという今思うと恥ずかし過ぎる格好で式に出た僕に、幼稚園からの幼馴染の男が「津田大介かよ!」と突っ込んでくれたのが唯一の救いだったなと。それくらいしか良い話は無い。あとは、中学時代に好きだった人が不良に口説かれているのを二次会の魚民でひたすら見てたくらい。

式に行く行かないは個人の自由だと思うけど、とにかく新成人のギャル全員にとっていい日になるようにしてほしい。どうせなら行く方がいいと僕は思うけど。大したことないから、どっちにしたって。

最近は道端で落とし物の漢字プリントとか、道玄坂の路地裏に爆音で流れるSuperflyとか。そういうものをよく見つける。そんなものいいから札束や素性の知れない美人を拾いたい。

酒で解決出来る愛とか恋とかやる気とか音楽とか絶対ひとつもないから。誤魔化したいだけなら雑な割り方のウーロンハイで十分でしょうと思うんだけど、こんなこと口にしたくないんだよ2018年は。寝る。

カテゴリー: TEXT