2月20日

この間、友人と近所の定食屋で昼ごはんを食べた時に店員さんからそれぞれ出されたグラスの水を眺めながら「これ、相手の分まで一気に飲み干したら面白いかなあ」と思ったのだが、実行することはなかった。

最近は「偽食レポ」にハマっている。

それはどういうことかというと、例えば味噌汁をひとくち啜ったあとで「とっても芳醇でフルーティーです」と言ってみたり、トンカツをかじっては「生クリームなのに全然重くない!甘過ぎないし、男性の方でもパクパク食べられちゃいますね〜」などと言ってみたりすることだ。

大抵は一緒に食事してる友人達に呆れられるのだが、たまに笑ってくれる人もいるせいでなあなあとやめられないでいる。そういう症状。そういう発作である。2週間後にまた様子を見せに来てくださいね。ともかく、これのせいで最近は食べたものの記憶が薄いことが多い。

 

この頃思うことは「叶う」ではなく「適う」といいなと思うことがわりかしたくさんあるということ。たのしいかどうかはよくわからないが、わりかしとってもそこはかとなく、たのしい毎日。

次のライブまであと4日、なんてことも久々に思ったりしている。

次のライブまで、あと4日。

カテゴリー: TEXT